腸内環境を健やかにするためには胃酸は必要

乳酸菌の摂取をするとなると、1つ難関があります。腸に達するまでに、必ず胃袋を通過しなければならないという点です。その胃袋の中にある酸は、乳酸菌にとっては脅威の存在なのです。しかしその酸は、腸内環境を整えるためには大事だとも思います。

 

乳酸菌を死滅させてしまう驚異の胃酸

 

そもそも乳酸菌を服用した場合は、やはり大腸や小腸にそれが届くのが大切ですね。主にそれらの腸の中で、菌類が活躍してくれるからです。
ところが腸に届くまでに、必ず胃を通過しなければならないのです。胃袋の中には多くの酸が含まれていて、それが乳酸菌を死滅させてしまうのですね。それでせっかく服用した乳酸菌の効能が薄れてしまうという意見が多いです。ですので乳酸菌にとっては、胃酸はやはり脅威の存在だとは思います。

 

腸内環境を整えるためには必要な胃の中の酸

 

しかし私たちのお腹の環境を考慮すると、やはり胃酸は絶対に必要だと思います。なぜなら胃酸は、もちろん食品を消化するからです
そもそもお腹の環境が整うかどうかが、消化に左右される一面がありますね。消化不良な状態で食品を摂取してしまいますと、ちょっと小腸や大腸に対する負担が大きくなってしまうのです。それで腸内環境が悪化してしまう事がしばしばあります。ですので私たちが食品を摂取する際には、できるだけよく噛む必要があるのですが
そしてもしも胃の中にある酸が弱くなってしまいますと、消化不良になってしまう事も多いでしょう。それは小腸や大腸などに負担をかけてしまうと思われますので、やはり私たちのお腹にとっては胃酸は大切な存在なのですね。乳酸菌にとってはちょっと驚異的な存在ではありますが、胃酸というのは意外と大切な役割を果たしていると思います。


このページの先頭へ戻る